遺品整理士認定協会が認定する遺品整理士資格と遺品査定士資格

遺品整理の達人たち

悪質業者には気を付けましょう。新聞のお悔やみ欄から情報を得て目星をつけてきて、押しかけ同然に買取りを行うなどの行為をします。

遺品整理の達人たちのメイン画像

遺品整理士認定協会が認定する遺品整理士資格と遺品査定士資格

高齢化社会・核家族化により、遺品整理を遺族がすることは難しくなってきています。

そこで専門的に遺品整理をする業種のニーズがでてきました。

でも、だれもかれもができるのでは困ります。

この記事では【遺品整理士認定協会が認定する遺品整理士資格と遺品査定士資格】について解説します。

◇委任整理士とは?

遺品整理に関して専門知識を持っていて、適切な対応ができる遺品整理の専門家のこと。

遺品整理士認定協会認定した民間資格「遺品整理士」を持つ人です。

リサイクル品や廃棄物の取扱に関連する法規を厳守するのは当然。

遺品を正しく取扱するだけでなく「供養」の認識を持っているのが違います。

遺品整理の心構えや留意点を理解することが大事。

遺族と故人の思いが残る遺品を適切に整理することが求められます。

◇遺品査定士資格とは?

遺品整理をする場合に遺族が買取を希望する場合があります。

その遺品を査定し適正な価値基準で買い取り額を付ける人材のことです。

遺品査定の専門家という位置づけです。

遺品の買取は、まだ法整備が実情に合っていません。

法律が追い付いていないのです。

相場よりも、あまりにも安すぎる査定額で遺品を買い取ったりする悪質業者の存在もあります。

悪質業者は、新聞のお悔やみ欄から情報を得て目星をつけてきます。

押しかけ同然に買取りを行うなどの行為をします。

さまざまな不正やトラブルの発生も珍しくなく、社会問題になっています。

こういったことから遺品整理士や遺品査定士のニーズが急拡大しているのです。

おすすめリンク/「遺品整理業あるあるー!」夫が語る『トリッキーな遺品』が想像以上

よかったらコメントをお願いします。

ペンネーム

URL

性別

男 /

コメント